Born in Okinawa in 1948

沖縄誕生の地はうるま市

ブルーシールのはじまり。それは米軍施設の中

1948年、アメリカに本社を置くフォーモスト社は、沖縄に駐留する米軍関係者の生活に欠かせない乳製品を供給するために、具志川市天願(現うるま市)の米軍基地内に設立されました。これがブルーシールの歴史のはじまりです。当時の商品は、基地内でしか手に入らない貴重なもので、沖縄の方々には、なかなか目にする機会も少ないものばかりでした。

ポーラベアー

“シロクマ”の愛称で親しまれるポーラベアー

ブルーシールの代名詞のひとつ、ポーラベアーは、バニラ風味のアイスをココアクッキーでサンドした手軽さで、多くの皆様に楽しんでいただいているロングセラー商品です。 創業当時はミント味のみの発売でスタートし、その後、 バニラ味が誕生して定番化となりました。またパッケージにデザインされているシロクマのイラストが由来となり、今でもご年配の方々を中心に”シロクマ“という愛称で親しまれています。近年では、さまざまな季節限定フレーバーなども登場し、ポーラベアーファンをはじめとする多くの方々に、”新しさ”と”変わらないおいしさ”をお届けしています。

オレンジブック

おいしさの秘密はオリジナルレシピ“オレンジブック”と“口どけの良さ”

アメリカ生まれのオリジナルレシピを100種類以上も綴った「オレンジブック」。その秘伝のレシピをベースに、沖縄の高温多湿な気候風土に合わせて、ブルーシールのアイスクリームは軽い口当たりのさっぱりとした風味にアレンジされてきました。植物性油脂を使って仕立てた口どけの良さが、他にはない特徴となっています。定番から限定まで、常時30種以上のフレーバーをご用意し、地元のお客様から観光客の皆様まで幅広く、沖縄のアイスクリームを楽しんでいただいています。

パリジャン

ブルーシールフレーバーの最高峰リッチブランド「パリジャン」の再来

かつてブルーシールには、人気を博した「パリジャン」というオリジナルレシピがありました。それは、卵と生クリームを使った濃厚な味わいが特徴のアイスクリームで、ひと口食べると、ちょっとリッチな気分にさせてくれる…そんなハイクラスのシリーズとしてお楽しみいただいていました。この「パリジャン」をベースに、ブルーシールの創業65周年を記念して誕生したのが、“フォーモストシリーズ”です。直営店でしか味わえないバニラ、チョコレート、ストロベリーのプレミアム感漂うテイストを、ぜひ一度、お試しください。

First step as "Ice Cream of Okinawa"

“沖縄のアイスクリーム”としての第一歩

沖縄の皆様のより身近な存在を目指して

1963年に米軍基地から浦添市牧港(現本店)へと拠点を移し、沖縄のアイスクリームとしての歴史を歩みはじめます。当時はかなり高価な食べ物であったにもかかわらず、多くのお客様がお店に足を運び、アイスを楽しんでいただいていました。1976年、米国で優れた品質の酪農品に贈られる“ブルーリボン賞”の称号である“ブルーシール”にあやかり、社名をフォーモスト社から「フォーモストブルーシール」と改めてからは、より広く深く、沖縄の皆様の生活に浸透していきました。(ちなみに、当社の母体であった米国フォーモスト社の社名も、ブルーリボン賞を受賞した最高品質の乳牛「フォーモスト号」に由来)。今ではすっかり<ブルーシール>の愛称で親しまれ、沖縄のアイスクリームとして、多くの方に愛され、支えられています。

ブルーシールのCM

ブルーシールらしさを時代とともに伝えてきたテレビCM

テレビから流れるCMも、ブルーシールという存在を表す大切な要素です。初期には「いかにもアメリカン」といったテイスト、1990年前後には当時流行の「トレンディードラマ」のような演出と、放送当時の時代の雰囲気をCMを通して伝えてきました。暑い夏は涼しさを、寒い冬はクリスマスアイスケーキで温もりを、お子様から大人まで様々な視点からアイスの楽しさをバリエーション豊かに。これからもいつの間にか惹きつけられ、ココロに残るような地元感溢れるメッセージをお届けしていきます。

To the source of all of you
more BLUE SEAL

ブルーシールをもっと皆様のもとへ

沖縄県内のみならず広がるブルーシール

1995年、アメリカンビレッジの誕生で賑わう北谷町に2号店がオープンしたのを皮切りに、2007年にはショッピングタウンとして注目を浴びる豊見城市豊崎に3号店が登場するなど、直営店やパーラーが県内のみならず本土にも広がっていきました。また2004年には、牧港本店横にブルーシールアイスが楽しめるレストランとして「On Dish」もオープンし、地元のお客様から観光客の皆様まで、さまざまなシーンで、より手軽に、ブルーシールのアイスクリームを楽しんでいただけるようになりました。

ブランドマーク

アイスがもたらす笑顔のために

2013年、創業65周年を迎えるにあたり、ブルーシールでは、新たなブランド価値創出に向けて、ブランドマークを変更いたしました。新しいブランドマークでは、「明るさ」「楽しさ」、そして「おいしさ」を感じられるようなエレメントを用いて、今までの馴染みあるロゴのイメージも活かしつつ、沖縄の海や風、スマイルを表現しました。<たとえ小さくても、100年、200年と、沖縄のアイスクリームとして皆様に愛されるブランドでありたい>という想いを込めて。ブルーシールは、これからもアイスクリームを通して、皆様を笑顔にしていきたいと考えています。